何をどうやったって

何をどうやったってどうにもならないこともあるわけです。自分がどうにか良くしようと思ってやったとしても、すべての環境がそれを許さない場合もあります。それであれば、そんなところに固執するのではなく、新しい仕事のやり方を考えていくというのが実は良いのかもしれません。